Home   Site Map
PROFIBUS/PROFINETとは  News/Event  技術資料  アプリケーション   サポート   協会について   よくある質問
=========================================================================
日本プロフィバス協会よりのお知らせ(2013年12月18日)

=========================================================================

プロフィバス協会からのマーケット情報 その2

2013年11月26日から28日までドイツ・ニュールンベルグで展示会・SPS/IPCドライブ
フェア2013が開催されました。
PI(PROFIBUS & PROFINET International)のブースの展示について、情報が来ました
ので、前回に続いてお知らせします。

1. 2線式Ethernet
従来、プロセス産業の現場でデジタル通信を使う場合、2線式伝送(通信線と電源線
を2本の電線で共用する)と本質安全防爆(爆発の原因となる火花をださない)という
要求があるため、31.25kbpsという通信速度でデータ交換をしていました。
今回、PIでは、2線式(電源供給)のEthernetとこれに対応するプロセス機器のデモを
展示しました。
通信距離が500mまでなら100Mbps、1kmまでなら10Mbpsで通信できると説明されています。
ケーブルは現在現場で使用されている2線式のケーブルがそのまま使えるということ
です。
FAの世界では現場機器との通信にPROFINETをはじめとしたEthernetが使われはじめて
いますが、PAの世界でも現場伝送器との通信にEthernetが使われる時代が近づいて
います。

2. 故障機器の簡単交換
現場で稼働中の機器が故障して、同じ機器の予備品を持たずに苦労されたことは
ありませんか?
PROFIBUS PA機器では、もし機器が故障しても、他のベンダーの機器とエンジニア
リング作業なしで、ハードの結線、接続だけを置き換えれば、そのまま交換できる
オプションがあります。
PIのブースではこの「簡単交換」のデモを行いました。
エンジニアのいない夜間、土日に故障が起きても、操業への影響を最小限に食い止
めることができます。

3. PROFINET製品展示
世界中でPROFIBUS機器が使用されていると同時に、産業用Ethernet・PROFINETを
サポートする機器も増えています。
PIブースでは11mのパネルを用意し、端から端まで各種PROFINET機器を展示しました。

以上の情報は以下のサイトに掲載されています。

http://www.profibus.com/newsroom/newsletter/profinews-2013-v2/profinews-111-the-app-has-landed/#c74347

http://us.profinet.com/spsipcdrives-show-2013-pi-booth/

本件についてのお問い合わせは
info@profibus.jp
までお願いします。

◇◇◇-------------------------------------------------------------
- 当メールの送信アドレスは、送信専用ですので、直接の返信は
なさらないようお願いいたします。
- ご意見、ご質問、また配信停止/メールアドレスの変更等は、
  info@profibus.jp
 までお知らせ願います。
- 過去のメールニュースはwww.profibus.jpにて、見ることができます。
*********************************************************************
NPO法人 日本プロフィバス協会
〒141-0022
東京都品川区東五反田3-1-6
ウエストワールドビル 4F
電話・FAX:03-6450-3739
URL: www.profibus.jp
E-mail: info@profibus.jp
*********************************************************************