Home   Site Map
PROFIBUS/PROFINETとは  News/Event  技術資料  アプリケーション   サポート   協会について   よくある質問
=========================================================================
日本プロフィバス協会よりのお知らせ(2012年3月9日)

=========================================================================

PROFIBUS・PROFINET 韓国の国家規格となる

2011年末に韓国技術規格協会(the Korean Agency for Technology and Standards
(KATS))がPROFIBUSとPROFINETを韓国規格に指定しました。
PROFIBUSとPROFINETはプロセスオートメーション、ファクトリーオートメーション、
そしてリアルタイム産業用Ethernetの分野では、韓国で最初の産業用通信ネット
ワークの国家規格となりました。
韓国規格の番号はPROFIBUS DPとPROFIBUS PAは KS C 61784-1, KS C 61158-3-3,
KS C 61158-4-3, KS C 61158-5-3, KS C 61158-6-3 であり、PROFINETはKS C 61784-1,
KS C 61784-2, KS C 61158-5-10, KS C 61158-6-10 となります。
PROFIBUSのマーケットシェアは韓国で大きく、特に韓国の国営企業K-Waterで多く
使用されています。現在、PROFIBUSは韓国が強みを持つ鉄鋼、自動車、造船、半導体、
化学、その他の重工業でも採用がすすんでいます。
PROFINETも同時に韓国規格となり、韓国内で急速に立ち上がると期待されます。

PROFIBUSとPROFINETはすでに国際規格IEC61158,61784となっていますが、それに加え
中国でも国家規格化が進行していることは、以前より本メールニュースでお知らせ
しています。
規格となることは、オープンな技術と認められることであり、多くのユーザ企業、
ベンダー企業が採用しやすい条件が整っていると言えます。
今回、PROFIBUS、PROFINETが韓国の規格となり、アジアのオートメーション市場で、
PROFIBUS・PROFINETのマーケットがより拡大すると期待されます。

====セミナーのお知らせ====
皆様のお申し込みをお待ちします。

*PROFINETオープンセミナー(http://www.profibus.jp/PN2012.html)
  3月14日(水) 東京・五反田
  4月13日(金) 名古屋駅前

*PROFIBUS設置技術セミナー(http://www.profibus.jp/news/seminar/seminar_DP_Inst.htm)
  3月22日(木) 東京・五反田

*PROFINETセミナー(http://www.profibus.jp/news/seminar/seminar_PN1.htm)
  3月23日(金) 東京・五反田

*PROFIBUS DP技術セミナー(http://www.profibus.jp/news/seminar/seminar_DP1.htm)
  4月19日(木) 東京・五反田

*PROFIBUS PA技術セミナー(http://www.profibus.jp/news/seminar/seminar_PA1.htm)
  4月20日(金) 東京・五反田

本件についてのご質問は、日本プロフィバス協会までお知らせください。
(info@profibus.jp)

◇◇◇-------------------------------------------------------------
- 当メールの送信アドレスは、送信専用ですので、直接の返信は
なさらないようお願いいたします。
- ご意見、ご質問、また配信停止/メールアドレスの変更等は、
  info@profibus.jpまでお知らせ願います。
- 過去のメールニュースはwww.profibus.jpにて、見ることができます。
*********************************************************************
NPO法人 日本プロフィバス協会
〒141-0022
東京都品川区東五反田3-1-6
ウエストワールドビル 4F
電話・FAX:03-6450-3739
URL: www.profibus.jp
E-mail: info@profibus.jp
*********************************************************************