Home   Site Map
PROFIBUSとは  News/Event  技術資料  アプリケーション   サポート   協会について   よくある質問

========================================================================
日本プロフィバス協会よりのお知らせ(2007年3月16日)

=========================================================================

PROFIBUS PAとPROFINET技術センターを日本でスタートします

日本プロフィバス協会は、このたび、プロフィバス協会本部から、新たにPROFIBUS PAと
PROFINETのカテゴリーについても技術センターの認定を得ました。
私たちはこれを機会にユーザ殿、ベンダー殿に対する技術サポート力をさらに充実させて
いきます。

プロフィバス協会本部の組織には、PROFIBUS・PROFINET普及のため、
・マーケティングを担当する各国協会 (Regional PROFIBUS Organization)
・技術サポートを担当する技術センター(Competence Center)
・認証試験を担当するテストラボ(Test Laboratory)
があります。
技術センターになるためには、プロフィバス協会本部が認めたエンジニアによる
技術レベルのチェック、設備のチェック、そして査察をパスすることが必要です。
世界ではすでに34ヶ所の技術センターが認定されており、エンドユーザ殿、ベンダー殿、
エンジニアリング会社殿が安心してPROFIBUS/PROFINETを使っていただくため
・技術セミナー
・エンジニアリングサポート
・トラブルシューティング
・スタートアップサポート
・機器開発サポート  など
技術サポートを中心にセンターの特色を生かし、活動を展開しています。
(ちなみにアジアでは、日本を含めて、中国、韓国、シンガポール、タイの5カ国に
合計6カ所の技術センターがあります)

日本プロフィバス協会は1997年の発足後、2002年にPROFIBUS DPの技術センター
の認証を受けて、PROFIBUS技術の普及を続けてきました。

このたび、日本プロフィバス協会はプロフィバス協会本部の査察を終えて、プロセス
オートメーション用フィールドバスであるPROFIBUS PAと、産業用EtehrnetのPROFINET
に対する技術センターの認定も得ました。

工場のオートメーション技術は進歩しており、特にインテリジェント化していく現場機器を
ネットワークで接続して、現場からのデータ・情報を活用していく動きはますます広まって
います。
いくつかの産業用ネットワークの中でもPROFIBUSは
・FA・PAの両方のエリアで使用できる
・エンジニアリングが簡単で安心して採用できる
・たくさんのベンダーが多くの製品を出している
との評価を日本でもいただいていると考えています。

日本プロフィバス協会はPROFIBUS PA、PROFINETの技術センターの認証を得て、
どこでも使えるネットワーク技術・PROFIBUS・PROFINETの普及をさらに進めていきたい
と考えています。

皆様のいっそうのご援助を、よろしくお願いします。

本件についてのお問い合わせはinfo@profibus.jpまでお願いします。

◇◇◇-------------------------------------------------------------
- 当メールの送信アドレスは、送信専用ですので、直接の返信は
なさらないようお願いいたします。
- ご意見、ご質問、また配信停止/メールアドレスの変更等は、
  info@profibus.jpまでお知らせ願います。
- 過去のメールニュースはwww.profibus.jpにて、見ることができます。

*********************************************************************
NPO法人 日本プロフィバス協会
〒141-8641
東京都品川区東五反田3-20-14
高輪パークタワー シーメンス(株)内
電話:03-5423-8628
FAX:03-5423-8734
URL: www.profibus.jp
E-mail: info@profibus.jp
*********************************************************************