Home   Site Map
PROFIBUSとは  News/Event  技術資料  アプリケーション   サポート   協会について   よくある質問


=========================================================================
日本プロフィバス協会よりのお知らせ(2006年11月7日)

=========================================================================

PROFIBUSはどのようにしてFA機器とPA機器を同時につなぐのか?

10月12日のメールニュースで日本プロフィバス協会は、IA懇談会が主催する展示会
Manufacturing Open Forum 2006(以下、MOF2006)への参加をお知らせしました。

MOF2006は11月29日(水)から12月1日(金)まで、パシフィコ横浜の会議センター5階で
開催されます。

MOF2006では、講演のセッションもあり、日本プロフィバス協会は11月30日(木)
13:20から14:00まで、A会場にて講演を行います。

今回の講演のテーマは、「PROFIBUSはどのようにしてFA機器とPA機器を同時に
つなぐのか?」とします。

FA機器は一般に組み立て産業に、そしてPA機器は一般にプロセス産業にて使用されて
います。ここでFA機器とは主にインバータ、サーボドライブ、リモートIO、位置決め
センサ、ロードセル、空気圧機器等であり、速いスピードの通信が要求されます。
また、PA機器とは温度、圧力、流量、レベル、バルブなど、2線式伝送で接続する
機器です。実は組み立て産業でもプロセス産業でも、これらのFA機器、PA機器共に
使用している工場がほとんどです。
したがって、ユーザサイドからは、FA機器、PA機器をトータルで接続して、
工場ネットワークを構築し、制御または監視をしたいというリクエストを受けます。
PROFIBUSはFA機器とPA機器を同一のネットワークに接続できる唯一のオープン
フィールドバスです。
MOF2006では、40分という時間内で、この接続を分かりやすく解説します。

ご興味のある方は、以下のサイトよりMOF2006への参加をお申し込みください。

http://www.mstc.or.jp/mof2006/

なお、日本プロフィバス協会では皆様の会社にて、PROFIBUSとPROFINETの説明会を
行うこともできます。その際、実機を使って、見える形でのデモも可能です。
PROFIBUS・PROFINETについて、もっとお知りになりたい方は info@profibus.jp
までお知らせください。

◇◇◇-------------------------------------------------------------
- 当メールの送信アドレスは、送信専用ですので、直接の返信は
なさらないようお願いいたします。
- ご意見、ご質問、また配信停止/メールアドレスの変更等は、
  info@profibus.jpまでお知らせ願います。
- 過去のメールニュースはwww.profibus.jpにて、見ることができます。

*********************************************************************
NPO法人 日本プロフィバス協会
〒141-8641
東京都品川区東五反田3-20-14
高輪パークタワー シーメンス(株)内
電話:03-5423-8628
FAX:03-5423-8734
URL: www.profibus.jp
E-mail: info@profibus.jp
*********************************************************************