Home   Site Map
PROFIBUSとは  News/Event  技術資料  アプリケーション   サポート   協会について   よくある質問


=========================================================================
日本プロフィバス協会よりのお知らせ(2006年9月20日)

=========================================================================

PROFIBUS PA機器開発セミナーと中国のセミナーのご案内

【Softing社によるPROFIBUS PAセミナー】
ドイツのSofting社は産業用通信技術の大手ソフトウェアハウスとして
有名です。
今回、Softing社のエンジニアが来日し、日本プロフィバス協会と共同で
PROFIBUS PA機器の開発技術セミナーを開催します。
PROFIBUS PAはプロセスオートメーション用のフィールドバスとして、
2線式伝送(バス給電)、本質安全防爆に対応するとともに、PROFIBUS DPと
統合して用いることで、工場のFA機器、PA機器をトータルに接続する
ネットワークとなります。
今回のセミナーは1日という短い時間ですが、PROFIBUS PA機器開発の
概要を説明します。

セミナーの内容は以下の通りです。

1. 日にちと場所 (1日セミナー)
  2006年12月13日(水) 東京 五反田・高輪パークタワー12階D会議室
  2006年12月14日(木) 大阪 大阪NPOプラザ B会議室
2. 時間
  午前9時30分から午後4時30分まで (昼休み1時間)
3. 内容
(1) PROFIBUSの概要(簡単なレビュー)
(2) PROFIBUS PA技術
  DP-V1
  物理層
  PROFIBUS PAの基本
  ファンクションブロックの考え方
  デバイス管理技術(EDD、FDT)
  I&M機能
(3) PROFIBUS PA機器開発に役立つ情報
  本質安全防爆
  組み込み技術
  フィールドバスキット
  認証のプロセス
(4) 機器の実演
  PROFIBUS PAネットワーク
  FDTのデモ
  PROFIBUSモニター
4. 受講対象者
  PROFIBUS DP/PAのプロトコルをご存知の方
    PROFIBUS DP技術セミナーとPROFIBUS PA技術セミナーを終了程度
    の知識を想定します。未受講の方は技術セミナーを受講されてから
    本セミナーに参加されることをお勧めします
    (10月の技術セミナーの案内をこのメールの終わりに書きます)
5. 募集人数
  東京 20人
  大阪 10人
6. 費用 
  資料代として 3150円(税込み)
7. その他
  講義は英語で行いますが、日本語での質問を受け付けます。
  また、講義の内容は変更することがあります。

受講をご希望される方は、セミナー名を明記いただき、住所、会社名、所属、
お名前、電話番号、fax番号、E-mailアドレスを明記の上、
info@profibus.jpまでお申し込みください。

高輪パークタワーまでの地図は
 http://www.sumitomo-rd.co.jp/building/shinagawa/takanawa_park/
を参照してください。(JR山手線五反田駅より徒歩約7分)

大阪NPOプラザまでの地図は
 http://www.onp.or.jp/contact/index.html
を参照してください。(JR環状線野田駅から600m)


【中国プロフィバス協会による認証PROFIBUS技術者セミナー】
オランダのPROFIBUS技術センターと中国プロフィバス協会の共催で、
Chinese Certified PROFIBUS Technicianが開催されます。
内容は以下の通りです。

1. 日にちと場所
  2006年11月7日から9日の3日間  中国・北京
2. 内容
  PROFIBUS DP/PAの技術、エンジニアリング、設置、トラブルシューティング
  最後の日にテストがあり、合格すると認証エンジニアとなります
3. 費用
  8,000中国元
4. その他
  説明は英語と中国語で行われます
  詳しい問い合わせは certificate@cameta.org.cnにお願いします。
  また、本情報は 
  http://www.profibus.com/rpa/china/events/train/article/01019/
  に掲載されています。

【PROFIBUS DPとPA技術セミナー】
**PROFIBUS DP技術セミナー**********************
目的:より詳しくPROFIBUSを知りたい方に、PROFIBUS DP-V0のプロトコルの
概要を説明します。PROFIBUS DP機器を使用するエンジニアの方、開発の方、
そしてスタートアップ担当の方の参加をお勧めします。

1. 日時
(1) 2006年10月26日(木) 9:45-16:30
2. 場所   五反田・高輪パークタワー 12階D会議室
3. 定員   10人
4. 参加費  21,000円(税込) 日本プロフィバス協会会員
       31,500円(税込) 日本プロフィバス協会非会員
5. 内容
(1) PROFIBUSのマーケット
(2) PROFIBUS DPの概要
(3) GSDファイル
(4) PROFIBUS DP-V0の動作(スレーブ)
(5) アナライザでの確認
(6) Q&A
参照:http://www.profibus.jp/news/seminar/seminar_DP1.htm


**PROFIBUS PA技術セミナー**********************
目的:PROFIBUS PAは、PROFIBUS DPの技術をベースとして、2線式伝送、本質
安全防爆に対応します。PROFIBUS PAとDPにより、単一のプロトコルにて、
工場内で稼動するオートメーション機器を全てネットワークで接続することが
できます。本セミナーでは実機を用いながら、PROFIBUS PAの動作を説明します。
特にエンジニアの方、スタートアップの方の参加をお勧めします。

1. 日時
(1) 2006年10月27日(金) 9:45-16:30
2. 場所   五反田・高輪パークタワー 12階D会議室
3. 定員   10人
4. 参加費   21,000円(税込) 日本プロフィバス協会会員
       31,500円(税込) 日本プロフィバス協会非会員
5. 内容
(1) PROFIBUS PAの概要
(2) 周期通信の動作、カップラとリンク
(3) 配線設計のルールとシステムデザイン
(4) 非周期通信の動作
(5) アナライザでの確認
(6) Q&A
参照:http://www.profibus.jp/news/seminar/seminar_PA1.htm
6. 本セミナーはPROFIBUS DP技術セミナーを終了された方またはPROFIBUS DP
のプロトコルを理解されている方が対象です。

***********************************

セミナーに参加ご希望の方は、希望セミナー、日にちをご指定いただき、
住所、会社名、所属、お名前、電話番号、fax番号、E-mailアドレスを明記の上、
info@profibus.jpまでお申し込みください。

皆様の参加をお待ちします。

本件についてのお問い合わせはinfo@profibus.jpまでお願いします。

◇◇◇-------------------------------------------------------------
- 当メールの送信アドレスは、送信専用ですので、直接の返信は
なさらないようお願いいたします。
- ご意見、ご質問、また配信停止/メールアドレスの変更等は、
  info@profibus.jpまでお知らせ願います。
- 過去のメールニュースはwww.profibus.jpにて、見ることができます。

*********************************************************************
NPO法人 日本プロフィバス協会
〒141-8641
東京都品川区東五反田3-20-14
高輪パークタワー シーメンス(株)内
電話:03-5423-8628
FAX:03-5423-8734
URL: www.profibus.jp
E-mail: info@profibus.jp
*********************************************************************