Home   Site Map
PROFIBUSとは  News/Event  技術資料  アプリケーション   サポート   協会について   よくある質問

=========================================================================
日本プロフィバス協会よりのお知らせ(2005年12月22日)

=========================================================================

プロセス産業ユーザのフィールドバスに対するレポート


アメリカ・ボストンに本社を持つオートメーション業界有数の調査会社であるARC社が
2003年に続き、”Fieldbud Survey(フィールドバス調査)”のレポートを発行しました。
この調査はARC社が全世界200以上のプロセス産業のユーザから回収したアンケート
の回答をまとめたものです。

この調査によると;
1. 2年前は、フィールドバスの基幹システム(Mission Critical System)への採用
を考えていたユーザは、約4%だけでした。今回の調査によると、約27%のユーザが、
今後フィールドバスをストップできない基幹システムへも採用すると答えています。
ちなみに、フィールドバスを基幹システム以外だけに採用すると答えたユーザは
2年前の約40%から、今回は約25%に急速に減っています。

2. フィールドバスを採用することはコスト的にもメリットがあると多くのユーザは
考えています。約27%のユーザが半年以内に投資を回収できたと答えており、1年以内
に期間を延ばすとさらに18%のユーザがプラスされます。
その結果、約61%のユーザが新しいプロジェクトにフィールドバスを採用する計画を
持っています。

3. 回答者の88%が、プロセス用フィールドバスとデバイス用フィールドバス(FA用
フィールドバス)の統合が、"きわめて重要"、"とても重要"、または"重要"と考えて
います。

以上の調査に対して、プロフィバス協会は次のように考えます。
ARC社の調査は、フィールドバスに対してユーザの信頼が増したこと、そして実プロ
ジェクトでのPROFIBUSを含めたフィールドバス機器の採用数が増えていることを示
しています。
さらに、プロフィバス協会は、PA用のフィールドバスとしてPROFIBUS PAを、FA用の
フィールドバスとしてPROFIBUS DPをサポートしており、PA用フィールドバスとFA用
フィールドバスの統合について、多くの実績があります。つまり、PROFIBUSの方向は
ユーザのニーズに完全に一致するものです。

日本プロフィバス協会もFAだけでない、そしてPAだけでもない、工場ネットワークと
してのPROFIBUSのメリットを積極的に皆様にご紹介したいと考えています。
現実に、現場機器の機能が増え、さまざまなパラメータ設定とか自己診断情報を
いちいち現場に行かなくても、中央で見てみたいというユーザの要求はよく聞きます。
現場機器は、温度、圧力、流量、レベル、バルブなどのPA機器だけでなく、インバータ、
ポンプ、モータスタータ、遮断機、分析計などあらゆる機器にわたります。
PROFIBUSのメリットは省配線だけでなく、PAとFAをまたぐ工場ネットワークの構築
にもあるのです。

日本プロフィバス協会は、PROFIBUS PAおよびDPの紹介の出張も行っています。
ご希望の方は info@profibus.jp まで、お問い合わせください。

注:PA(プロセスオートメーション):石油精製、石油化学、化学、紙、鉄などに代表
される装置産業のオートメーション
FA(ファクトリーオートメーション):自動車、電気機器などに代表される組み立て
産業のオートメーション


お知らせ:
株式会社エム・システム技研殿のWebマガジン・エムエスツデーにて、”工場通信
ネットワークの話”の連載が始まり、日本プロフィバス協会の元吉がこの欄を担当
しています。
URLは
http://www.m-system.co.jp/mstoday/plan/serial/index.html
です。
どうぞ一度ご覧いただき、ご意見、ご質問をお願いします。

また、2006年1月18日開催のPROFIBUS DP技術セミナーの参加者を募集しています。
PROFIBUS DPについて、プロトコルのレベルまで知りたい方に最適なセミナーです。
詳しくは
http://www.profibus.jp/news/seminar/seminar_DP1.htm
をご覧下さい。

本件について、お問い合わせ、ご質問がありましたら、ご遠慮なく
日本プロフィバス協会まで連絡ください。


◇◇◇-------------------------------------------------------------
 - 当メールの送信アドレスは、送信専用ですので、直接の返信は
   なさらないようお願いいたします。
 - ご意見、ご質問、また配信停止/メールアドレスの変更等は、
  info@profibus.jpまでお知らせ願います。
 - 過去のメールニュースはwww.profibus.jpにて、見ることができます。

*********************************************************************
NPO法人 日本プロフィバス協会
〒141-8641
東京都品川区東五反田3-20-14
高輪パークタワー シーメンス(株)内
電話:03-5423-8628
FAX:03-5423-8734
URL: www.profibus.jp
E-mail: info@profibus.jp
*********************************************************************