Home   Site Map
PROFIBUSとは  News/Event  技術資料  アプリケーション   製品開発   協会について   よくある質問

=========================================================================
日本プロフィバス協会よりのお知らせ(2005年4月6日) 4月13日に一部変更

=========================================================================

大阪でのPROFIBUS/PROFINETセミナーのご案内

PROFIBUSの設置台数が昨年末で1300万台に迫り、オープンフィールドバスの中で
圧倒的なNo.1となっています。
中国、東南アジアを含むアジア全般でもPROFIBUSのマーケットは拡大しており、
日本もその例外ではありません。

本年3月に東京でセミナーを開催しましたが、それと同様のセミナーを大阪で
開催します。今回はPROFINETの説明も加えます。
皆様にPROFIBUS・PROFINETをよりよくご理解いただきたいと思います。

1. PROFIBUS・PROFINETセミナー 5月12日(木)
2. PROFIBUS DP技術セミナー 5月13日(金)

以下に各セミナーの説明をします。

**PROFIBUS・PROFINETセミナー******************
目的:午前は産業用Ethernet・PROFINETの概要とその開発サポートを会員各社
から説明します。午後は、PROFIBUSの概要と会員各社が提供するユニークな
PROFIBUS製品を紹介します

1. 日時    2005年5月12日(木) 10:00-16:00
2. 場所    堂島アバンザ 5階 A会議室
         大阪市北区堂島1-6-20
        地図はhttp://www.avanza.co.jp/を参照してください。
3. 定員    40人
4. 参加費  無料
5. 内容(プレゼンテーション)
(1) PROFINETの現状とこれから      日本プロフィバス協会
(2) PROFINET開発ツール          シーメンス(株)
(3) PROFINETの開発サポート        HMS Industrial Networks
(4) PROFINETとPROFIBUSの開発     ユーロ・ファーイースト(株)
  昼休み
(5) FDT/DTMの概要 日本プロフィバス協会
(6) PROFIBUSの現状とこれから      日本プロフィバス協会
(7) PLCを使ったPROFIBUSシステム    ウッドヘッドジャパン(株)
   PROFIBUSとEthernetゲートウェイ
   PROFIBUS I/Oシミュレーション
(8) PROFIBUSシステムをつなぐDP-DPカップラ    シーメンス(株)
(9) ソフトPLC/NC TwinCATを用いたPCによる制御ソリューション
                               (株)ケーメックス
(10) PROFIBUSアナライザ            日本プロフィバス協会

注)内容は変更になる場合があります。


**PROFIBUS DP技術セミナー********************
目的:より詳しくPROFIBUSを知りたい方に、PROFIBUS DP-V0のプロトコルの
概要を説明します。

1. 日時     2005年5月24日(火) 9:45-16:30
2. 場所     大阪NPOプラザ
          大阪市福島区吉野4丁目29-20
          地図はhttp://www.onp.or.jp/map.htmlを参照してください。
3. 定員     20人
4. 参加費    21,000円(税込) 日本プロフィバス協会会員
          31,500円(税込) 日本プロフィバス協会非会員
5. 内容
(1) PROFIBUSのマーケット
(2) PROFIBUS DPの概要
(3) GSDファイル
(4) PROFIBUS DP-V0の動作(スレーブ)
(5) アナライザでの確認
(6) Q&A
     →PROFIBUS DP技術セミナーのより詳しい説明はこちらです
**********************************

各セミナーに参加ご希望の方は、希望セミナーをご指定いただき、住所、会社名、
所属、お名前、電話番号、fax番号、E-mailアドレスを明記して、
info@profibus.jp までお申し込みください。
折り返し、回答のメールを返信します。

皆様の参加をお待ちします。

本件についてのお問い合わせは info@profibus.jp までお願いします。

◇◇◇-------------------------------------------------------------
- 当メールの送信アドレスは、送信専用ですので、直接の返信は
なさらないようお願いいたします。
- ご意見、ご質問、また配信停止/メールアドレスの変更等は、
  info@profibus.jpまでお知らせ願います。
- 過去のメールニュースはwww.profibus.jpにて、見ることができます。

*********************************************************************
NPO法人 日本プロフィバス協会
〒141-8641
東京都品川区東五反田3-20-14
高輪パークタワー シーメンス(株)内
電話:03-5423-8628
FAX:03-5423-8734
URL: www.profibus.jp
E-mail: info@profibus.jp
*********************************************************************

4月13日の変更点
今回のセミナーで”FDT/DTMについて説明して欲しい”とのご要求が
あったため、ご要望にこたえ、FDT/DTMの説明をこのセミナーに追加します。

FDT/DTM(Field Device Type/Device Type Manager)はインテリジェントな現場
機器と上位システムを接続するオープンなインタフェース規格の一つです。
プロフィバス協会が、現場機器のコンフィギュレーション、パラメータ設定を
容易に行うために開発した仕様ですが、PROFIBUSだけにとらわれないオープン性
が注目され、新しい団体(FDT-JIG)がその仕様決定と普及のために設立されました。
現在は、PROFIBUSだけでなく、HART、DeviceNet、Foundation Fieldbusに対応する
機器もFDT/DTMに接続できるよう開発中または開発を終了しています。
FDT-JIGには、ABB、エンドレス・ハウザー、インベンシス、クローネ、
フエニックス・コンタクト、ロックウェル、シーメンス、ウッドヘッドなど約30社
が参加しています。日本の会社でもオムロンがすでにFDT-JIGに参加しており、
またプロセス・オートメーションの大手の企業も参加を検討中とのことです。
(企業の敬称略)