Home   Site Map
PROFIBUSとは  News/Event  技術資料  アプリケーション   製品開発   協会について   よくある質問

=========================================================================
日本プロフィバス協会よりのお知らせ(2005年1月14日)

=========================================================================

”PROFIBUS DP ケーブルと機器設置の解説”の発行

PROFIBUSの普及が世界で進んでいるのに対応して、日本のなかでもPROFIBUSの
システムが増えています。
PROFIBUSはフィールドバスとして、仕様が簡単で、かつ強力という長所を持って
いますが、それでも設置の際には注意しなければならない点がいくつかあります。

従来、このような注意点は、PROFIBUS機器を供給するベンダー殿、または設計、
設置を担当するエンジニアリング会社殿から説明書またな取り扱い説明書が
発行されてきました。

日本プロフィバス協会では、ユーザの方、そしてベンダー、エンジニアリング
会社の方からの要望を受けて、基本的なPROFIBUS DPの設置の注意点をまとめ、
これをホームページからダウンロードできるようにしました。

目次は以下のとおりです。

I. 概説
 A. ネットワークのルール
  1. 配線
  2. セグメントあたりのノード数
  3. セグメントの数
  4. マスターのノード
  5. スレーブ (I/O)のノード
  6. 終端
 B. 診断
 C. 1.5Mbps以上の高速通信の場合
II. PROFIBUSのケーブル
 A. PROFIBUSケーブルの設置
 B. ケーブルのシールド
 C. 標準のケーブル
 D. 可曲性ケーブル
III. PROFIBUSのコネクタ
 A. D-SUB9ピンコネクタ(IP 20)
  1. コネクタの用途と技術仕様
  2. バスコネクタにケーブルをつなぐ
  3. 機器にバスコネクタを接続する
IV. リピータ
  1. RS 485リピータ:その目的
  2. RS 485リピータの機械的デザイン
  3. RS 485リピータを使った構成例
  4. RS 485リピータの設置と取り外し
  5. 電源接続
  6. バスケーブルの接続
付録
ファストコネクタ接続手順

”PROFIBUS DP ケーブルと機器設置の解説”は
http://www.profibus.jp/tech/downld.htm
からダウンロードできます。
ファイル名はPIC Cabling guideline_j2.pdfです。

この解説がPROFIBUS DPに対する理解を深め、あらかじめ注意点をチェック
することで、皆様方のシステムでのPROFIBUS機器のスムーズな立ち上がりを
サポートすることを、期待しています。

この内容についてのお問い合わせは日本プロフィバス協会までお願いします。


◇◇◇-------------------------------------------------------------
 - 当メールの送信アドレスは、送信専用ですので、直接の返信は
   なさらないようお願いいたします。
 - ご意見、ご質問、また配信停止/メールアドレスの変更等は、
  info@profibus.jpまでお知らせ願います。
 - 過去のメールニュースはwww.profibus.jpにて、見ることができます。

*********************************************************************
NPO法人 日本プロフィバス協会
〒141-8641
東京都品川区東五反田3-20-14
高輪パークタワー シーメンス(株)内
電話:03-5423-8628
FAX:03-5423-8734
URL: www.profibus.jp
E-mail: info@profibus.jp
*********************************************************************