Home   Site Map
PROFIBUSとは  News/Event  技術資料  アプリケーション   製品開発   協会について   よくある質問

=========================================================================
日本プロフィバス協会よりのお知らせ(2004年9月16日)

=========================================================================

中国でPROFIBUS/PROFINETロードショーが開催されました

皆様ご存知のように、最近の中国・東南アジア地域での設備投資の活発さは
日本の産業にも大きな影響を与えています。
これらの国々では特に最先端のオートメーション技術を指向しており、工場
現場に使用されるデジタル通信システムとしてPROFIBUSは大きなシェアを
持っています。

今回、8月30日から9月10日にかけて、中国プロフィバス協会の主催で北京、
瀋陽、上海、広州にて各2日間のPROFIBUS・PROFINETロードショーが開催され
ました。1日目はPROFIBUS、2日目はPROFINETを中心としたセミナーでしたが、
のべ800人以上の参加者が熱心にセミナーを聴講し、デモを見学し非常に盛況
でした。
本セミナーはABB, Beckhoff, Endress + Hauser, Harting, Krohne,
Pepperl + Fuchs, Sick, Siemens, Turck, Wago, Weidmuller, Wikaの12社の
協賛を得て、行われ、ABBとSiemensのDCS機器に12社34個のデバイスが接続され
動くダイナミックなデモが好評であったとのことです。

参加した会社の68%はすでにPROFIBUSを含むフィールドバスを導入しており、
ほとんどすべての会社が今後2年間にさらにフィールドバス・システムを拡張
する予定と回答しました。また、70%以上の参加者が、他のフィールドバスと
比較してPROFIBUSを優れていると評価しています。もっとも大きな評価点は
PROFIBUSがファクトリー・オートメーションとプロセス・オートメーションを
同時にサポートできる統合性となっています。

このベースには、他のフィールドバス・システムを圧倒して、全世界ですでに
1000万台を超えるPROFIBUS機器が出荷され、さらに今後4年間で倍増が見込まれ
ていることがあります。

中国プロフィバス協会の李会長は「PROFIBUSは単に最新の技術というだけで
なく、産業オートメーションの将来トレンドであり、中国のユーザの要求を
満たすものだ」と述べています。

日本プロフィバス協会でも最近、中国・東南アジア市場の要求により、
PROFIBUS機器の開発をスタートする会社からの問い合わせが増えています。

本件についてご興味のある方はinfo@profibus.jpまでお問い合わせください。

<お礼>
8/31のメールニュースで10月のPROFIBUS技術セミナーのお知らせをしました。
おかげさまでたくさんの方から申し込みをいただき、参加人数が定員に達し
ました。
開催まで1ヶ月前で恐縮ですが申し込みを締め切らせていただきます。
今後とも、技術セミナーを開催する予定です。今回、残念ながら申し込みに
間に会わなかった皆様は、次回参加のご希望を連絡いただきたくお願いします。
次回の技術セミナーには優先的に連絡を差し上げます。

◇◇◇-------------------------------------------------------------
- 当メールの送信アドレスは、送信専用ですので、直接の返信は
なさらないようお願いいたします。
- ご意見、ご質問、また配信停止/メールアドレスの変更等は、
  info@profibus.jpまでお知らせ願います。
- 過去のメールニュースはwww.profibus.jpにて、見ることができます。

*********************************************************************
NPO法人 日本プロフィバス協会
〒141-8641
東京都品川区東五反田3-20-14
高輪パークタワー シーメンス(株)内
電話:03-5423-8628
FAX:03-5423-8734
URL: www.profibus.jp
E-mail: info@profibus.jp
*********************************************************************