=========================================================================
日本プロフィバス協会よりのお知らせ(2002年12月24日)

=========================================================================

PROFIBUSテスト・ラボラトリーが2003年1月にスタートします

本年3月に日本にてPROFIBUSテスト・ラボラトリーを10月目標にスタートする
予定と皆様にご案内しました。

その後、日本プロフィバス協会では開設準備を鋭意進めて来ました。
このたび、プロフィバス協会本部よりの技術テスト、機器テスト等も終了し、
先週12月19日に協会本部よりテスト・ラボラトリーの認証内示を受領しました。
この内示を受け、日本プロフィバス協会では2003年1月14日(月)の業務開始を
目標に最後の作業を進めています。
諸般の事情により、開設の時期が遅れたことを皆様にお詫び申し上げます。

今回、発足するテスト・ラボラトリーの名称は”日本プロフィバス協会
東京テスト・ラボラトリー”となります。場所は東京都江東区有明にある
安川シーメンス オートメーション・ドライブ(株)内に試験室を設置し、
所長は日本プロフィバス協会の副会長である伊元雅彦氏が兼任します。また、
テストする機器の範囲はPROFIBUS-DPのスレーブ機器です。

東京テスト・ラボラトリーは、ドイツ、アメリカ、オランダ、中国に続き、
世界で7番目のPROFIBUS-DP用テスト・ラボラトリーとなります。

日本プロフィバス協会の会員数は1997年の設立当時の11社から、2002年12月
現在で63社まで拡大しています。また。中国にてPROFIBUSがフィールドバスと
して唯一の国家規格となったこともあり、多くの日本企業にてPROFIBUS機器
の開発が進められています。しかし、今まで、PROFIBUS機器の認証を得るため
には、海外の機関にて試験を受ける必要があり、コスト・工数とも開発企業に
とって負担となっていました。

今回、日本でのテスト・ラボラトリーがオープンすることで、世界で最も
普及しているフィールドバスであるPROFIBUSの認証試験を日本語で受ける
ことができるようになりました。日本でのPROFIBUS機器の開発及びマーケット
拡大に大きく貢献することが期待されます。


本メールについてのお問い合わせはinfo@profibus.jpまでお願いします。

◇◇◇-------------------------------------------------------------
- 当メールの送信アドレスは、送信専用ですので、直接の返信は
なさらないようお願いいたします。
- ご意見、ご質問、また配信停止/メールアドレスの変更等は、
  info@profibus.jpまでお知らせ願います。
- 過去のメールニュースはwww.profibus.jpにて、見ることができます。

*********************************************************************
日本プロフィバス協会
東京都江東区有明3-1 TFTビル西館9F
tel:03-3570-3034 fax:03-3570-3063
URL: www.profibus.jp
E-mail: info@profibus.jp
*********************************************************************